トリトリッ!ヤキトォ~リィイッ!

『GE (以下略)』現在半休止状態ですがw; 親しくなった友人に『和み』←(小笑の意)を与えられたらな♪w たまに毒吐くけどw Σ(´ー`ノノ タマジャナイキガ 注:当ブログは、簿記試験と一切!関係ありません。>発見しだい削除しマッスル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

消えた車

私は車を運転していた・・


親戚を送るためである・・


車内には、2人の親戚と母と兄そして


運転手である私の計5人が乗っている・・


途中の道のりは、やや緩い蛇行した道路で


対面斜線の大通りの筈なのに


幼稚園児か保育園児の団体が


その道を遮っているのである・・


『こんな所で何を?』


引率の先生方も含めて何か“お遊戯”のような


事をしている様であった・・


とはいえ、ここは道路である。


少し“気が引けた”が、クラクションを鳴らし


道を譲ってもらった・・


園児たちを守るように道を遮っていた


マイクロバスも同時に横に掃けた。


そうして暫くして駅近くの踏み切りに辿り着いた・・


ぱっと見、行き止まりのようなその“踏み切り”


それまでの道とは比べ物にならないほどの“傾斜”


到底この車では登りきれないような“角度”が


その踏み切りにはあった・・


しょうがないので親戚の2人と見送りの


母と兄が車から降りる。


その踏切の横に同じ傾斜の道があったのだが


先に進めるのかわからないので


車を降りて見に行ってみた。


線路上に立って、上ってきた側から見て


右手の方向に真っ直ぐな線路が続いている・・


その線路を挟んで反対側の線路脇には


何故か?土嚢のように土が盛られていて


線路の横をずうっと平行して続いているようであった。


風景は左側に大きな壁のような土手と


土嚢のような土が盛られた線路・・


私は何故か?歩き出した。


その線路沿いに・・


暫くすると向こうの方から列車が走って来ているようである・・


線路と土手との間には、人一人余裕で歩けるほどの


空間があったので私はその列車が横を過ぎ去る間も


歩き続けた・・


暫くすると眼前に行き止まりのような“曲がり角”が


見えてきた・・


先ほどの列車が走ってきたのであろうその曲がり角・・


そこに差し掛かった時、私は線路を見て驚いた。


線路が、90°に曲がっていたためである。


しかもそこがその列車の車庫のようであった。


行き止まりかと思えたその場所は


かなり急な山のように先に続いており


歩いて行けるようなので再び私は歩き出した・・


暫くして頂上のような場所に辿り着いた。


眼下には学校が見える・・


落差100メートルほど離れている・・


『いつの間に?』そんなに登ってきたのか?などと・・


そして足元には、どこかのクラブの記録表のようなものが


置かれていた。


『こんな傾斜のある山の山頂に記録用紙を置くなんて・・』


『どんな部活なんだ?』などと思いながら


私はその山を降りる・・


暫くしてその学校のグラウンドを横切り


正門に差し掛かったとき私は一人の男性と出会う・・


彼は道を知らない私に“道案内”をしてくれると言う・・


『そんな心配はご無用』と軽く返事はしたものの


『教えてくれるのは有難い』とも思った・・


『でも大丈夫。私には車があるから』と・・


周りを見ても車は無く。彼の車の事でもない。


『私は私の車を“しょっている”から平気です』と


彼に告げる。


普通なら有り得ない事なのだが・・


『この“夢の世界の中”でなら


有り得ないことも無くはない』と


呟いている私がいる。




<おしまい>




<あとがき>


そんなところで、“目が覚めた”


初夢では無い夢・・


年明け2回目ぐらいかなぁ~w


初夢は、もうすっかり消えましたw


(薄ら過ぎて覚えていないという・・


最後の部分の“呟き”は夢の中でみたのか


夢から覚めてからみたのか・・


覚えておりませ~んw


丸一日経過してもウッスラ覚えていたのでw


書いてみましたー。  ( pωー)o゜。ムニャ


スポンサーサイト
別窓 | 未完成のページ・その他 | コメント:6 | ∧top | under∨
<<毎度!おおきに!ぼちぼちでっか~ | トリトリッ!ヤキトォ~リィイッ! | 白の絨毯>>

この記事のコメント

園児たちのくだりでは、危ないやん!先生何してんねんやろ?と思いながら読み進むと・・・
90度の曲がり角って@w@;
電車ってそんな角度で回れるのか?@@?
車庫ってそんなものなのかぁ~と思ってたら

なにやら幻想的なムードで・・・

なるる!夢ねwwwww
納得@w@v
2011-01-06 Thu 09:51 | URL | 株で大損こいたママ #-[ 内容変更]
超遅いですが、今年もよろしくお願いします(´▽`*)ノ

最後に夢と解るまでドキドキしてしまいましたw
ちょっと不思議で、ちょっと怖かったです。
いや、夢は不思議で当たり前かもしれませんが…
ちょっと不気味(といったら失礼かもしれませんが)な感じで、息を呑みながら恐る恐る読んでしまいましたw
素直に面白かったです。ありがとうございました(´ω`*)

では、失礼します。
2011-01-06 Thu 19:22 | URL | 雪花 #l.rsoaag[ 内容変更]
レス
>おぼこいはん

あははw
最初の段階で、タイトルに(夢の話)と書こうと思いましたがw
最近、『謎々文』のネタが浮かばなくてw  (つ
と思っていた矢先、この夢をみた。のですw   !@@;

内容は、ほぼ9割夢でみたものを書いてあります。
『・・』で終わっている文章は、自分の中で、【曖昧】なものを
それとなく表現してみたのです。

楽しんで頂けたなら、これ幸いにかとw
2011-01-07 Fri 02:01 | URL | すいません!! #-[ 内容変更]
レス
>雪花さん

あけおめ!ことよろ!(軽いw

なんていうかw
夢でみた記憶が、『時々9割近く全体を覚えている』時が、
あるんです!w

ただ、夢の中というのは、何故か?急に場所が変わったりw
夢の中に居る間は、景色とかも自分の近所の筈なのに、
覚めてから考えると、まったく違う景色だったりしますw
それが『夢の面白さ』でもあるんですが、大抵は目覚めと共に
薄らいでゆきますから・・w

ともあれ、楽しんで頂けたのなら幸いです。  (〃▽〃)
2011-01-07 Fri 02:10 | URL | すいません!! #-[ 内容変更]
おはようございます^^
今年もよろしくお願いいたします。

夢はおもしろいですよね。
それよりも,そんなにハッキリと覚えているなんてw
私は冒頭の方でファンタジー小説かと思いました。
2011-01-07 Fri 07:37 | URL | なべ #-[ 内容変更]
レス
>なべさん

こちらこそ、よろしくですー。

初夢は、逃しましたのでw

まー時々です。ハッキリというか、概要ですか・・w

『夢の話』なので、書けたともいえます。
『話』を作るのは、簡単な事では、ありませんからw

物事には、普通【接続詞】となるものが必ず存在します。
何行かの文章は、その【接続詞】の役割で書かれてあります。

あとは、読み手の想像力に頼るほかは・・w
2011-01-08 Sat 22:37 | URL | すいません!! #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| トリトリッ!ヤキトォ~リィイッ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。