トリトリッ!ヤキトォ~リィイッ!

『GE (以下略)』現在半休止状態ですがw; 親しくなった友人に『和み』←(小笑の意)を与えられたらな♪w たまに毒吐くけどw Σ(´ー`ノノ タマジャナイキガ 注:当ブログは、簿記試験と一切!関係ありません。>発見しだい削除しマッスル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

父の遺作 ~第 壱 幕~ 詩 ( タイトルあり ( 修正

感ずるまゝに

思ったこと、うかんだ事

時の まにまに 書きしるす。






>注:この記事は、追悼の意味も込められております。よって、誹謗中傷の類、
 関係ないコメントなど、此方の判断にて、削除致します。予め御了承下さい。




>此れは?という箇所に修正入ってます><b


透析悲話~エレージ~


1.朝も早く起こされて

  好きでも無いのに病院え

  バスにゆられて通います

  悲しい運命の身のつらさ

2.今日も始まる透析の

  針をさされて横に成り

  いねむりしながら時が過ぎ

  寂しくひとり生きるのさ

3.一年過ぎて透析の

  なれてきたのか気にしない

  やさしい言葉を掛けられて

  青春時代を想いだす

4.時々場所を替えられて

  きらいな女に針指され

  気分が悪くなるのです

  早くおわれと祈ります

5.可愛いアノ子に針指され

  楽しく会話もはずみます

  心は互いに通じ合う

  時の立つのも忘れます


アノ子 :たぶん本名が書かれているため修正><b



楽しい 夢


貴女の写真をねる前に

眺めて思わず口ずけを

まくらの下えそっと置き

ひと眠りして夢を見た

楽しい楽しい夢だった

お花畑の眞ん中で

手を取り二人でおどってる

つかれて一緒に横に成り

貴女の方から口ずけを

やさしく肩を抱き寄せて

時の立つのを忘れます

頭の中にはっきりと

甘く楽しい夢だった



忘れられない君なのさー


1.すてきな君に逢ったのは

  去年の夏のことだった

  忘れようとは思うけど

  忘れられない君なのさー

2.明るいすてきな人だから

  いつでも側にいてほしい

  そんな気持ちでいるんだよ

  忘れられない君なのさー

3.好きで好きで大好きで

  やさしく可愛い人だから

  心はいつも一緒です

  忘れられない君なのさー



大津ブルース


1.さざ波ゆれて 水ぬるみ

  比叡の山なみ 春風に

  日吉大社の 桜も盛り

  あゝ大津の夜はふけて行く

2.燃える花火に 二人の影が

  はげしくゆれて 映し出す

  想い出残す 今夜の出逢い

  あゝ大津の夜はふけて行く

3.そぞろ見にしむ 秋風に

  湖上にはゆる お月さん

  比叡の山なみ 黒々と

  あゝ大津の夜はふけて行く



琵琶湖


昇る朝日に さざ波の

岸辺にゆれる人の影

鳴く水鳥の声高く

朝霧晴れて 明けて行く



滋賀病院 歌 作詞: ← 本名が書かれていたので、書いてません


富士見の丘に相集う

若き乙女の情熱で

多くの命助けゆく

あゝ永遠に進まん

滋賀病院

たゆまぬ努力研修の

日夜変わらぬ情熱で

医療の道にいそしまん

あゝ共に進まん

滋賀病院









どれも何時書いたのか、日付が無く、書いた順は、大学ノートに書かれていた順です。

何時書こうか、それとも書くまいか・・・。悩んでおりましたがw

故人を忘れないために 書き記すことも大切なのだよと

しかし、『 詩 』 の様なものを書いていたと知ったのは、亡くなってからのこと

こんな一面も あったのかと つくづく思い知らされたので、あります^^;

今思えば、子供の頃、時折、自身で 『 詩 』 の様なものを書いていたのは、

父の影響もあったのでしょう><b




簿記(自分)が、このブログで、『 詩 』 の様なものを書く 『きっかけ』 になったのは、

勝手にリンク貼ってる 『ごっちゃ箱』 さんのブログによる影響ですが、

カテゴリ名の 『未完成のページ』 というのは、自身の未熟さも含む

父宛のメッセージでもあります。 >全部ぢゃないんですけどw


次の第 弐 幕では、無題作品を書きまする

本日の昼2時頃、投下致します><b



修正: 足跡訪問者+2~♪ ヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト
別窓 | 未完成のページ・父の遺作 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<父の遺作 ~第 弐 幕~ 詩 ( 無題 | トリトリッ!ヤキトォ~リィイッ! | ジャンル・サブジャンル Ranking 途中経過12>>

この記事のコメント

マジ泣きしちゃった;w;

あたしの病気のときは9日の入院で、手術の翌日にはPCで仕事してたし2日後には歩いてたけど・・・
母の病気のときは詩にあるような場面がありました。
病名は違えど、針を刺される辛さ(針の痛みじゃないぉ。ずっと続く終わりのない辛さ)は子のあたしにも理解できました。
これを初めて目にしたときはさぞ泣けたでしょうね><
そして感謝されたと思います。悲しい内容でも遺してくれたってことは有難いことですもの・・・
2010-02-22 Mon 12:24 | URL | 株で大損こいたママ #-[ 内容変更]
アラ; @ー@;

泣かせちゃいましたか^^;
基本、この 『第 壱 幕』 は、笑って ( えがお ) もらう為に、
『最初』 にもってきたのです♪ ヽ(´ー`)ノ

まずは、『母に笑ってもらう為』 に・・・。 そして、
見せましたw 『照れ笑い』 してました♪ ヾ(´∀`ノシ
母から、感想は聞いていませんが、その 『照れ笑い』 が、
簿記は、『答え』 だと、おもってま^w^

父も何かと、生前は、大変だったと思いますがw; (汗
このような 『 詩 』 を残せてた と云う事は、ある意味、
『 心は死んでいなかった 』 とも云えますね♪ ヽ(´ー`)ノ

簿記が、これ等を最初に見た感想は、
どちらかと云うと・・・
(*ノωノ* テレ ましたw

ロマンチストだったんだな~♪ と思いました。(´∀`;ゞ
そして、『父の子だった』 んだなぁと、
再確認しましたw ><b

因みに・・・、本当に泣くだろうと思うのは、
『第 参 幕』 ですかね?w

簿記が、父の死後から、今までで、父の事を考えて、
泣いたのは、実は、一昨日が初めてだったりします。(・∀・)
『序章として書いた』
『 写真 ~おもかげ~ 』 の 修正と最終チェック中にw
2010-02-22 Mon 13:29 | URL | すいません!! #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| トリトリッ!ヤキトォ~リィイッ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。